【雛人形ブランド】ディズニー雛人形とは

ディズニー

ミッキー・ミニーから
チップ&デールやスティッチまで、
ディズニーキャラクターのお雛様は人気ですね!

台座の中にお人形を収納できるものや
ミッキーミニーの中にキャンディーが入ってるものもあり、

伝統的なお雛様より
子供も楽しく飾り付けができるのがいいところです^^

大きいものだとミッキーの仲間たちが
大勢の物もあるんですよ。
これが、上から見るとなんとアノ形が…!
ディズニーファンにとってはたまらない仕掛けです (*´艸`*)

2014-01-20_015721

シンプルなものは3000円程から販売しています。

東京ディズニーリゾート限定ですが
楽天でも購入可能なんですよ♪

⇒ディズニーリゾート限定お雛様の一覧はコチラ!

【雛人形ブランド】後藤人形とは

顔立ちの特徴は
お姫様というより天女みたいな顔立ち。
幻想的でおとぎ話のようで、お人形の前でうっとりしてしまいます…

2014-02-16_171148

今までの雛人形とは違う
なんとも言えないオーラです。

お顔立ちはもちろんですが、
まるで舞台のような小道具もホントに素敵。

2014-02-16_170925

2014-02-16_171200

雛人形の枠にとらわれない作品もあり、
娘が巣立ってから自分の愉しみのために飾るのもいいな、
と思わせてくれるブランドです。

価格は10万円台~80万円台までとすこし高めですが
納得できてしまいますね^^;

高級品ということもあって
価格割れはほとんどしてないので

ポイント還元率が高いお店を選ぶのがポイントです。

⇒後藤人形を人気のお店でチェックするならコチラ

【雛人形ブランド】真多呂人形とは

顔立ちの特徴は、丸みの強い顔立ち。
穏やかな笑みがこぼれています。

真多呂顔

どのお人形も柔らかいお顔なのですが、
その中にも種類があって

幼いお顔や

point01_img09

少し成長した少女。

point01_img08

たおやかな女性のお顔。
どれも女性らしい優美な雰囲気で素敵です♪

point01_img07

また、いつまでも飽きのこない味わい深い人形として
幅広い年代の方に人気なのですが

その理由は
トレンドを意識したシンプルなものから伝統的なものまで、
衣装のデザインにこだわっているところ。

2014-02-16_165659

時代考証を重ねてデザイン・素材を選定されていて、
十二単の襟や袖の重ねの色合いを重視した
コーディネートがされています。

真多呂は木目込み人形なので、
型くずれ、衣裳くずれしにくくコンパクトなのも
長年愛される理由ですね。

トレンドを取り入れつつも
公式のお店で購入すると50年間修理対応してくれるという
アフターフォローの手厚さから、
お祖母さまの代から真多呂のファンという方もおられます。

⇒真多呂人形公式サイトはこちら

【雛人形ブランド】吉徳とは

顔がいのちの吉徳大光。

吉徳顔

顔立ちの特徴は、
古典的でやわらかい顔立ちのお人形。
「慈愛の心」
をテーマにした雛人形作りをしているブランドです。

衣裳もこだわっていますよ!

2014-02-15_103148

西陣織の豪勢な衣裳が特徴的なのですが
和モダンな雰囲気もあり、若いご夫婦にも人気です。

伝統的なお人形の中にも
「姫君雛」という徳川将軍家にちなんだお雛様や
能楽の「鶴亀」にちなんだおめでたいお雛様、
「春彩雛」という、桜をモチーフにしたお雛様など沢山の種類があり、

人気人形作家さんの作品も取り扱っているなど
かなり幅広いお人形ブランド。

吉徳×スターウォーズというチャレンジ企画も!
ベイダー将軍@@;

2014-02-15_1025022014-02-15_102511

やや久月より重厚な雰囲気の作品が多いのが特徴。
桜色のお雛様もベースとなる色は濃い赤だったり、黒だったり…。
お好みのお雛様を出会えるといいですね♪

⇒吉徳のお雛様を楽天でチェックするならこちら♪

【雛人形ブランド】久月とは

久月は江戸時代から人形店を営んできた老舗中の老舗。
浅草に本店を構える、江戸の人形屋さんですが、

実は…ご存知でしたか?
顔立ちの特徴が関東風、関西風で表情がかわるんです♪

関東風は、ぱっちりとした目の可愛らしい感じ。
初々しさがこぼれる華やかな表情です♪

2014-02-15_101725

関西風は、目がほっそりでおっとりとした品の良さです。

2014-02-15_101716

木目込み人形ではこんな丸みを帯びた可愛らしいお顔も♪

2014-02-15_101734

価格はかなり幅広く、30000円ほどのものから
立派な15人飾りとなると数十万円。
ご自宅の広さなどに合わせて選びたいですね。

親王飾りでも小物に凝っていたり
作品性の強い物は少し高価になります。

伝統も大切にしながらリカちゃんの雛人形もあり、
お祖母ちゃんからお孫さんまでにも愛されるブランドです。

⇒久月のお雛様を楽天でチェックする

【雛人形ブランド】一秀とは

2014-02-15_101031

一秀の雛人形は
顔立ちは丸み帯びていて
かなり柔らかい雰囲気です。

一秀顔

その他に、
作品性の強い雛人形
ということが一番の特徴ですね。

常に新しい素材を追求していて
伝統文化の要素を沢山含んでいるのですが、
現代人にも好まれるような作りになっています。
『スタイリッシュ雛』っていうカテゴリもあるんですよ♪

木目込み人形なので
衣装のボリュームが抑えられて
形も崩れにくいので人気のあるお人形です。

一秀さんは「木目込み人形の一秀」と言われるだけあって
木目込みは得意中の得意なんです^^

価格は低価格な物で50,000円~。
久月、吉徳の低価格帯より少し高めですが
それだけの価値はある!と思わせるお雛様です。

⇒楽天で一秀のお雛様をチェックするならこちら♪

雛人形を飾る期間はいつからいつまで?

2014-01-24_222800

雛人形を飾る期間は地域によって
本当にバラバラなんですよね^^;

飾りだすのは立春から2月の中旬くらいと言われてます。

でも、1月8日以降から
という早い所もあるみたいですね。

しまう時期は、季節の節目という本来の意味からなるべく早め。
遅くとも3月中旬までに済ませておきましょう。

関西の方では4月上旬まで
出しておく所もあるみたいです。

また来年キレイな状態で飾るためにも、
天気が良く乾燥した日を選び、
ホコリをよく払ってしまいしょう。

【今更だけど】雛人形の飾り方をおさらい!

ケース人気

雛人形は親王飾りとはいえ小物が一杯。
飾り付けをおさらいしましょう!

地方によっても異なるみたいですが、
一般的な飾り方を七段でご紹介します。

まず、一番上の段

2014-02-15_094914

向って左がお殿様、右がお姫様。
ここまではいいですよね。

二段目!

2014-02-15_094942

もし座っている官女が一人なら、それが真ん中。
立っている官女が一人なら真ん中。

手に持たせる物は、真ん中の官女が「三方」
向って右が「長柄銚子」左が「加銚子」

それぞれの人形の間には
桜餅や草餅などの和菓子をお供えします。

三段目!

2014-02-15_094948

向って左から順番に
太鼓、大皮鼓、小鼓、笛、謡い手です。

四段目!

2014-02-15_094956

向って左が右大臣、右は左大臣です。

五段目!

2014-02-15_095001

沓台(くつだい)をもっているのが真ん中
向って左に台笠、右に立笠を持たせます。

六、七段目

2014-02-15_095006

はっきりとしたきまりはないようです。

お化粧道具は上の段に置くと
調和がとれるんですって!

完成!

2014-02-15_094900

娘さんとの飾り付け、楽しんで下さいね♪

若いお母さん必見!お雛様が無いって非常識?

最近は、雛人形を持っていない
という方も珍しくないですよね。

昔はさておき、
今では住宅事情も経済事情もありますし、
お雛様が無くても非常識とまでは言われないと思います。
(義理の実家とは話し合いが必要かもしれませんが^^;)

ただ縁起物なので、
持ってないよりは持っている方がいいかな?というくらいですね。

雛人形というのは、実家から受け継いだり
奥さんの実家で買ってもらうなどのパターンが多かったのですが、
最近では

「ウチではいらないな~
どちらかというと学費に使いたい」

というご家庭も多いですね。

実家からもらっても、
置く場所がない、片付けが面倒くさい、転勤が多い
など、ちょっと困ってしまう場合も。

余裕があれば
伝統的な文化を受け継いでいきたいですが、
まずは家族の生活が大事!

子供が巣立ったら後藤人形みたいな素敵なお人形を
自分のために飾ってあげるのもイイな~と思います^^

⇒まるで和風ファンタジー!後藤人形とは…

雛人形ブランドの選び方

我が家の場合、雛人形ブランドの選び方はもう
「雰囲気の好みと予算」
でしたね!(笑)

有名どころの特徴をあげると、

久月

久月顔

伝統的な顔立ちのお人形。
古典的だけど、柄などが少しモダンな雰囲気で、
桜色のお雛様も制作しています。

子供の名前と生年月日をお雛様の台座の後ろに刻印してもらえます。

吉徳

吉徳顔

こちらも古典的で柔らかい顔立ちのお人形。
久月より伝統的で重厚な雰囲気のものが多いです。

モダンなど軟派!!という人におすすめ。

一秀

一秀顔

お人形の顔立ちは丸みを帯びてかなり柔らか。
伝統に乗っ取ったうえでの、作品性の強いの雛人形です。
予算が許せば私は一秀の「秀櫻」を買いたかった!(笑)

桜色の「さくらさくら」シリーズも幻想的な色合いで素敵です。

真多呂

真多呂顔

こちらも丸みの強いお顔立ちですが、一秀よりも柔和な表情。
衣装の時代考証を重ねて、重ねの色合いにはこだわりがあり
前から見たときに色合わせがとてもキレイに見えます。

祖母、母が真多呂のお雛様を持っていて…という長年のファンが多いです。

まとめ

ざっとご紹介しましたが、
どのブランドも伝統的なものと創作雛の両方があり、
どちらもとっても素敵です。

人気ランキング上位のものだけでなく、
ウィンドウショッピング感覚で
ざっと一覧を見てみられることをおすすめします。

ほんと楽しいので
もう買わないのに毎年見ています!^^;

⇒ランキングが見やすく、よくお世話になっている人形屋さんです

あと!こちらもぜひ!

⇒一秀公式サイトの作品一覧